国対委員長代理記者会見

国対委員長代理記者会見

2017年06月14日

本日も国対委員長代理記者会見を行いました。
国会会期末まであとわずかとなりました。
共謀罪法案、加計学園問題の内部文書調査に対する政府の対応等、安倍政権の姿勢に誠実さが感じられず、内閣不信案という選択肢も含めて緊張感を持って臨んで参ります。
国民の中にもまだまだ不安の多い共謀罪はいったん廃案にし、性犯罪厳罰化法案成立を優先させるべきではないでしょうか。
文科省の天下り問題、加計の問題でも前川前文科事務次官の証人喚問で予算委員会で総理出席のもと真相解明を要求してきましたが自民党が拒否してきました。与党側からは党首等論の開催について、民進党から一度も申し入れがなかったとする発言があることについて、討論をきちんとする環境を作ってこなかったのはむしろ自民党の責任であり、党首討論を予算委員会の集中審議を開かない駆け引きの材料に使うこと自体が不謹慎だと申し上げました。
会見の様子は以下からご覧いただけます。
https://youtu.be/kpiT0u1472Y

カテゴリー: 未分類

野党4党国対委員長会談

2017年06月12日

今夕、野党4党の国対委員長会談を開き、加計学園の獣医学部設置を巡る文部科学省の再調査結果を明日の昼までに公表するように求めることで一致しました。また、調査結果を受けて、予算委員会での安倍首相が出席しての集中審議と前川前文部科学次官の証人喚問を求めることも確認しました。

画像に含まれている可能性があるもの:5人、テーブル、室内

カテゴリー: 未分類

デフリンピック支援WT

2017年06月12日

超党派の障がい者スポーツ・パラリンピック推進議員連盟の下に、『デフリンピック支援WT』が発足しました。
私も幹事長代理として役員に就任しました。皆さん、デフリンピックをご存知ですか? デフリンピックはろう者のオリンピックとして、夏季大会は1924年にフランスで、冬季は1949年にオーストリアで初めて開催されました。
今年の7月18日からトルコのサムスン市で第23回夏季大会が開催されます。日本からも代表選手108名、役員69名が参加する予定です。
残念ながら、我が国でのデフリンピックの認知度はパラリンピックが98%を超えているのに対し、わずか10%程度です。このため、選手らが勤務先の理解を得られずに遠征などでの休暇が取りにくかったり、スポンサーが少ないなどの課題があります。
こうしたことも含めて、デフリンピックをどのように支援していくかをしっかりと検討してまいります。

画像に含まれている可能性があるもの:6人

カテゴリー: 未分類

3 / 41234

ページ上部へ