「地方教育行政の在り方」について見直し・・・議員立法提出に向けて

「地方教育行政の在り方」について見直し・・・議員立法提出に向けて

2013年04月01日

大津のいじめを原因とした児童の自殺など、学校現場における重大事案が相次いで発生しています。こうした事案を未然に防ぎ、重大事態が発生した時にしっかりと対応するためにも、地方教育行政の在り方について見直していかねばなりません。特に教育委員会については審議の形骸化や迅速さ・機動性に欠けるとの指摘がなされています。

民主党では、平成18年に教育基本法改正案への対案としてまとめた「日本国教育基本法案」の中で、地方教育行政については選挙で選ばれる首長に権限を持たせ、教育委員会を廃止し、教育監査委員会(仮称)をつくることを提案しました。併せて、新地方教育行政法案も提出し、私も法案提出者として国会で何度か答弁しました。

また、私が昨年12月20日には副大臣として“地方教育行政の在り方に関するタスクフォース”のとりまとめを行いました。こうした経緯を踏まえ、さらにバージョンアップして今国会に教育委員会の廃止も含めた議員立法を提出すべく作業に入りました。今日は櫻井政調会長、松本政調会長代行らに法案検討のポイントを説明しました。あさってから部門会議で様々な論点について協議してまいります。

 

カテゴリー: 国会活動

新年度スタート 中野島駅駅頭

2013年04月01日

 

今日から新年度を迎えました。年金支給開始年齢の引き上げや60歳以上の雇用の義務付けなど、生活に関わる制度やサービスが変更されます。特に、私が取り組んできた英語教育の推進についても、今年度から高等学校における英語の授業が原則として英語で行われることになります。私が文部科学大臣政務官の時に、若手英語教員の能力向上に向けて、海外派遣制度を創設し、平成23年度からスタートしました。グローバル化に対応できる人づくりに今後も取り組んでまいります。

 

さて、今朝の駅頭では、新入社員とおぼしきスーツ姿の若者が多く見られました。「今日入社式です。しっかりがんばります」と声をかけてくれた人もいました。新社会人の皆さん頑張って下さい。私の事務所にも、10年目で初めて、新卒の秘書が入所しました。手塚邦智君です。手塚君は地元の専修大学を卒業しましたが、去年の総選挙ではボランテイアとして朝から晩まで、正直、相当こきつかわれた(笑)と思うのですが、それでも秘書として頑張りたいという根性の持ち主です。

地元事務所で主に麻生区を担当しますので、皆さんよろしくお願いします。

 

 

 

カテゴリー: 未分類

5 / 512345

ページ上部へ