自民・民進国対委員長会談

自民・民進国対委員長会談

2017年07月11日

昨日の加計学園問題等についての閉会中審査を受けて、今日、自民党と国対委員長会談を開き、改めて安倍総理が出席しての予算委員会の集中審議を強く要求しました。竹下委員長は「新たな事実はなく、これ以上議論しても堂々巡りだ」と述べ、依然として安倍総理入りの審議に応じない方針を示しました。
昨日の質疑では官邸と前川氏の主張が対立するなど疑惑は晴れるどころか、さらに深まっています。総理自身が記者会見で丁寧に説明すると国民に約束したはずです。しっかりと説明責任を果たすのは当然です。今夕、安倍総理が帰国した後、対応を協議するとのことですが、政府与党に良識が残っているのかどうか、しっかりと注視したいと思います。

画像に含まれている可能性があるもの:4人、座ってる(複数の人)、テーブル、室内


ページ上部へ