国対役員・筆頭理事合同会議

国対役員・筆頭理事合同会議

2015年11月25日

政府与党が臨時国会を召集しない方針を決めたことを受けて、国対役員・筆頭理事合同会議を開催しました。内閣改造が行われ、TPPや消費税の軽減税率、パリでのテロ事件など内外で多くの課題が山積する中、
本来なら臨時国会を開くのが当然のことです。なぜ国会を開かないのか全く理解できません。今後は、喫緊の課題を抱える委員会の閉中審査を強く求めてまいります。

 

ページ上部へ